血糖値とは?

血液中に存在するブドウ糖の濃度を測定した数値を指します。

血糖値の説明に関してはしばしば「ブドウ糖」という名前が登場しますが、血液中に含まれる糖の殆どがブドウ糖です。英語では「グルコース」といい、血液検査などでは「GLU」と表記されます。ブドウ糖は炭水化物が消化され、これ以上分解できないという状態に変えられた物で「単糖類」の一種です。ブドウ糖は体のエネルギーとして使われるため、血液によって運ばれるのです。その生成の過程から、血糖値は食前と食後で大きく変動します。

血糖値の働き

体を動かしたり脳を働かせたりするためにはエネルギーを必要とします。特に脳には絶えずエネルギーを供給する必要があり、血中のブドウ糖の濃度があまりに低いと体全体に影響がでます。「血糖値」と言うと「高い値は良くない事だ」とよく取り沙汰されますが、逆に低すぎる場合も生命の危険に繋がる事があります。そのため、体の状態を均衡に保つ機能(ホメオスターシス)によって血糖値は一定の範囲で収まるようになっています。

日本糖尿病学会が定める正常値

<< 血糖値 正常値 一覧表 >>

血糖値空腹時血糖値食後血糖値
正常値100未満140未満
正常高値110未満
境界型
(正常にも糖尿病にも属さない域。「境界型糖尿病」と呼ばれる事も)
110~ 126未満140~ 200未満
糖尿病126以上200以上

(単位 ㎎/dL)

「正常高値」とされる血糖値100~109については「正常」の範囲ですが、後に糖尿病に移行する確率やOGTTを行った際の耐糖機能障害で問題が見つかる率が高いゾーンなので、ここに入ると食後血糖値のチェックを行う事が進められます。

血糖値を下げるための食事のポイント

糖分は控える

血糖値を上げないためにはまず、糖の材料となる物を体に入れすぎない事がポイントとなります。極端な糖質制限をしないまでもおにぎりや菓子パン、即席めんなど食事の内容が糖質中心になりがちな人は主菜や副菜、汁物がある献立に近づけるよう注意して見て下さい。

食物繊維を摂取する


糖質を摂取するまえに食物繊維を摂取すると、食後の血糖値の急激な上昇を抑える作用もあります。

イヌリンを摂取する


イヌリンとはゴボウや玉ねぎなどに含まれる水溶性食物繊維の仲間です。血糖値の急激な上昇を防いだり、コレステロール値を下げる働きを持っています。

食べる順番は?


食事の際、食べる順番によって血糖値の上昇の仕方が変わって来ます。空腹時に糖質から先に食べると体が速やかに糖を取り入れようとするため、血糖値が急激に上昇しやすくなります。そんな時、血糖値の上昇を抑えるためには食物繊維が大きな働きをします。

食物繊維とイヌリンを効果的に摂取するには?

食物繊維とイヌリンを摂取するには普段の食事に加えてサプリメントで摂取する事がお奨めです
そして、数あるサプリの中でも食物繊維とイヌリンを多く含んでいるのがすこやか自慢の「イヌリンとHMB」というサプリ。
1粒でなんと46,700mgの食物繊維と1506mgのイヌリンを含有しています!

イヌリンとHMBは店頭では販売していないので通販での購入となります
なんと今、公式サイトで初回特別キャンペーンを実施しています!

通常価格5,700円(税込)
なんと!!!!!!
初回特別トクトクコースで
1,980円(税込)
で購入する事が出来るんです!

しかもこのお得なキャンペーンは公式サイトで買った人のみ対象
ぜひ一度公式サイトをチェックしてみてください!

すこやか自慢 イヌリンとHMBの詳細はコチラ